ストップマン 第3話 個室トイレ侵入阻止!お前が便器だ!ネタバレ&あらすじ

ストップマン 第3話 ネタバレ&あらすじ

異常な悪い癖の美女と、

とても異常なヒーロー

ぶつかり合うお話です。

まず女性の異常な悪い癖の部分はこうです。自分をフッたから、

その男をデリートしよっと!よしデリート!!!と実行してしまう点です。実際にいたら恐ろしすぎますよね。

眠っている元カレの家に侵入して、笑顔を浮かべながら彼をデリートしようという彼女です。ストップマンが言うには、すでに彼女は三人の男性をデリートしてるそうです。もはや彼女にとって、この悪い癖は人生の一部になっているかもしれません。

彼女はベッドで眠りこけている元カレの前で、包丁を振り上げていました。

ストップマン

その瞬間でした。
時間が止まります。
現れたのはスーパーヒーロー?ストップマンです。
この危険な女性を止められるのはヒーローしかいません。彼にすべてが かかっていました。
ストップマン がんばれ!
ですが、やってきたヒーローもとんでもないヒーローでした。

彼の目的は正しいです。女性に対して、おかしくなった頭を矯正するという目的でやってきました。
だったら、そういう必殺技でも使うのかと思ったらそうではありません。そんな技は持っていませんでした。
だったら時間が止まっている間に手錠でもかけ、安全になってから説得でもするのかと思ったら、それも違います。

ストップマン

はらませ行為をします。
女性に、男をデリートなんてしようとしたせいで はらませ行為されたのだ、もうやめよう、と後悔させるためにはらませ行為をしたのです。

正直、どうかしています。

これは、はらませ行為を通して彼女の悪い癖を止めようとするヒーローと、それに屈さずに何度でも男をデリートしようと決行する女性のお話です。

ストップマン

このページの先頭へ